今までの住宅はエアコンや様々な暖房器具などの家電を用い、エネルギーを消費することによって快適な住環境を維持してきました。

 しかしこれからの時代は今までのように大量のエネルギー消費によって快適な住環境を維持するのではなく、極力エネルギー消費を抑えた“省エネルギー住宅”の普及が不可欠だと私たちは考えます。

 その実現のために解決すべきことは、夏の暑さや冬の寒さなどの“外部環境が屋内環境(建物内)に影響を及ぼしにくい”住宅の建設です。  その為に今までは“断熱材”が用いられてきました。

 様々な断熱材により冬の寒さ対策に関しては充分過ぎるほどできています。例えていうと、この断熱材というのは、建物に“ダウンジャケット”を着せているのと同じ状態ですので、年間を通して暖かい家になってしまっていました。そのことが、住まいにおいて夏場にエアコンを使いすぎて、高い電気代になっているのだと考えています。

 まとめていうと、従来の断熱材、断熱工法は冬の寒さ対策だけに注力してきたもので、夏の暑さ対策に関しては、まったく対策されていないといっても過言ではありません。

 我々は、“冬の寒さ対策”と共に“夏の暑さ対策”についても解決する必要が有ると考えております。

 ですが、従来の断熱工法で“冬の寒さ対策”“夏の暑さ対策”の両方の課題を同時に克服しようとすると、屋根裏、壁体内、床下で“結露”が発生する可能性が極めて高くなり、“住宅の高耐久性”に問題が残ります。そこで、 “高耐久化住宅”のために建物のいかなる箇所でも絶対に“結露”を起こさない住宅の建設も合わせて必要だと考えます。

 その実現に向け、“省エネルギー住宅”に必要不可欠な“冬の寒さ対策”“夏の暑さ対策”と、“高耐久化住宅”のために建物のいかなる箇所でも“結露”を起こさないこの3つの問題点を解決した“CW断熱工法”の普及、促進が、次世代の住宅の省エネルギー性能と居住性の実現のために必要と考え当協会を設立しました。

 少しでも多くの方に、厳しくこの工法をご評価戴ければ幸いです。